Recent Posts

観光ガイドで英語が話せずからかわれた経験から英会話の大切さ

, , Comment Closed

gazou-17

私は観光ガイドを経験し、現在はフリーランスで働いています。
今は英語が得意なものの一つとなっていますが、昔は英語が話せませんでした。
そのせいで、ガイド中にお客様からからかわれた経験が・・・。
それはまだ20代だった頃、関東地方で観光ガイドのアルバイトをしていました。
そこの会社では英会話ができる人とできない人で求人が分かれ、英語が苦手だった私は英会話ができない方で応募したところ、面接に通過して採用されました。
そして、実際に働いてみると、この会社では外国人観光客のガイドに特化していたのです。

仕事では、英会話が必要なお客様の対応のい場合は、英語が話せるスタッフに引き継ぐルールがありました。
ですが、悲しいことに英語が話せない人をからかう観光客は少なくありません。
私のように英語が苦手な人や、少しは話せても緊張からできなくなってしまうスタッフもいます。

お客様はそれを見て英語で絡み、笑ってくる場面に何度もであい、困ったことが度々ありました。
英会話ができないスタッフも、簡単な英語マニュアルは身につけていますが、通訳ガイドと入れ替わることを英語で伝えると、「大したことは言ってないから大丈夫」と笑いながらからかわれたり、上手く引き継げたと思ったら「この程度の英語も分からないの?」と笑われてしまったこともあります。
英語は世界標準語であり、国際関係が絡む仕事ではある程度話せないと難しいし、恥をかいてしまうことを身をもって実感しました。
関東でも田舎の方ですが、日本国内でも素晴らしい観光地と言えます。
外国から観光客が訪れることも少なからずあるわけですから、やはり観光ガイドの仕事では英語を身に付けた方がやりがいが見つかると思っています。

そこで、私はバイトが満了となったあと、語学の専門学校に働きながら通い、英語や中国語、フランス語にタイ語を勉強しました。
そのおかげで旅行代理店でガイドを務め、資格を得てからはフリーランスとして今はやっています。

英語を身につけてから外国人の方とのお話もスムーズになり、今までは少し苦手意識があったものの、現在ではむしろ色々な話から様々な国の話を聞けてとても楽しいです。
今でも時折、中学英語からのテキストを読んで、忘れないようにしています。今はスカイチケットの観光ガイドの様にインターネットでたくさんの現地スポットが紹介されており、誰でも気軽に観光ガイドが見れます。このようなインターネットの観光ガイドを活用しながら、実際の仕事としての観光ガイドの知識をたくさん学ぼうと思います。最初は稼ぎが欲しくて始めた観光ガイドですが、英語を学んでからは天職だと思っています。
これからはもっと話せる語学を増やして、ガイドの仕事に活かしたいと考えています。

話題のサイト:スカイチケットの観光ガイドでおすすめスポットを知ろう。

Read Post →

専業主婦から大学生に!英語を学んで観光ガイドを目指しています

, , Comment Closed

私は大学時代に国文学を専攻していました。
しかし、卒業と同時に結婚、そして妊娠をしたため職に就きませんでした。
子供が生まれてから育児や家事に追われ、自分の時間が持てないほどの忙しい日々が続きます。
しかし、子供も成長したので、自分のために何か勉強など始めてみたい、そう思いました。

そこで、私が始めたことは、再び大学で勉強することです。
家の近くにある大学では英語学科があるので、聴講生として現役大学生に混ざって出席することになりました。
授業ではネイティブで話す外国人教師との英会話や、日本人教師の英文法や作文などの授業が中心です。
学生時代から英語に興味はあったものの、専攻したのが国文学だったので触れる機会がありませんでした。

専業主婦としてずっと過ごしていたため、忘れている内容も多かったです。
しかし、授業に参加するたびに英語の知識が身に付き、英会話も楽しくなりました。
毎日復習や予習も欠かさず行い、日常生活で空き時間があれば語学の勉強に励んでいます。
在籍している学生さんたちも、おばさん相手に優しくサポートしてくれるのが嬉しかったです。

1年の聴講が終わりましたが、夫と相談して編入試験を受け、大学3年生として編入してしまうほど、勉強が大好きになりました。
そして、卒業して半年ほどアメリカで語学留学に行かせてもらうことになったのです。
短い間でしたがアメリカでの生活は充実し、帰国後にTOEICを受けると、留学前よりスコアが上がっていることに驚きです。
やはり現地の方との触れ合いは、自然と知識を増やすきっかけになっていたのだと感じています。
夫も仕事上で英語を話すことが多いのですが、私の方がすごいと褒めてくれて、とても嬉しく思っています。

そして、40歳を過ぎてから、夕方に中学、高校生の英語塾でアルバイト講師を始めることに。
さらに、現在は岡山県でも名高い観光地である後楽園にて観光ガイドのボランティア活動に参加しています。
外国人観光客はもちろん、国内の人にも岡山の魅力を知ってもらうため、観光情報の勉強も始めました。
何気なく始めた英語の勉強ですが、今は仕事に活かせているので始めて良かったと実感しています。

大学生を卒業した息子も、私の姿を見て海外での仕事に興味を持ち、現在はカナダへ1年留学しました。
幅広い視野での活動に息子が興味を持ってくれたことは、私も夫も嬉しいことだと思っています。
私はこれからも英語と観光の知識を深め、観光ガイドとして働けることを目標にもっと勉強を努力するつもりです。

Read Post →

通訳案内士の資格取得のために日々頑張っています!

, , Comment Closed

私はフロントマンとして働いています。
パートですが、毎日楽しく充実した仕事をさせてもらっています。
家庭も主人と2人の子供がいて、家事や育児に協力的な主人のお陰で、これまでやってこれました。

ホテルでは、最近海外から来日される方も増えてきました。
アメリカ、中国、韓国…たくさんの方々が毎日来てくれます。
私は、学生の頃から英語を勉強していて、留学の経験もある為、外国人のお客様が来られると私が対応する事が多くなっています。
様々な国の人と触れ合えるので楽しめるのですが、いいスポットはないかなどを聞かれた際に、いつも同じような場所しか教えられなかったので、観光地についても色々と調べたんです。

そんな時に上司に「通訳案内士の資格でも受けてみたら?」と言われたのです。
始めて聞く資格だったのですが、外国人の観光客に付き添って外国語を用いて旅行を案内する事が出来るそうです。
フロントなので、案内するまでは出来ませんが、その資格を持っていれば今よりもグッと外国人の観光客の皆さんに喜んでもらえるのではないかと思いました。
それに、もっともっと日本の事を好きになってもらえるのではないかと思ったのです。
それからは、今までよりも勉強をする機会が増え、家族に迷惑を掛けてしまう事も多くなってしまいましたが、主人も両親も応援してくれ、子供たちからも頑張ってね!と毎日言ってくれます。

通訳案内士の資格は筆記試験と口述試験があります。
しかも、日本の観光の事だけではなく、地理や歴史について、更には産業や経済、政治の事まで試験に出てきます。
最初は観光地や英語だけだと思っていた私は心配してしまいましたが、勉強が好きなので苦ではありませんでした。

そして勉強している際に上司の方から「もし資格を取ったら、将来ガイドの仕事に携わってもいいんだよ。」と告げられました。
ホテルで働く事はもちろん好きですが、今回資格取得のための勉強の時に観光ガイドの仕事に興味が湧いてきていたので、その言葉を頂けて、すごく嬉しかったです。
ホテルでは外国人のお客様が増えた事で、英語の勉強会などを定期的に開き、みんなで勉強をしています。
なので、これからは英語を話せる従業員も増えていくだろうし、外国人の就職希望者も積極的に採用しようと思っているから、気にせず転職してもらって大丈夫!と言われ、良い上司に巡り合ってよかったです。

資格試験の時期もあり、まだ資格は取ってませんが必ず合格したいと思いますので、まだまだ勉強頑張ります!

Read Post →

東京五輪に向けて観光ガイドの勉強をしています。

, , Comment Closed

私は、大学で外国学科を専攻し1年が過ぎようとしています。
幼少期をオーストラリアで過ごした経験があり、英語に関しては日常会話は問題なく出来ます。
国外から日本にやってきたという事もあり、慣れない日本の文化や風土に関しては、日本に住んでいる彼らよりも刺激を受けて育ちました。
私は中学生へ上がってから日本に来たのですが、向こうではジャパニーズスクールに通っていた事もあり、日本語も問題なく話す頃が出来ます。

そのため昔からバイリンガルであることを生かして将来役立つことがしたいと思い、大学は外国語学科が先行出来る学校へ進学し、今も勉強をしています。

ちょうど、東京でオリンピックが開催されるということで、今の大きな目標はその場で外国人向けの観光ガイドを務める事が大きな目標です。
日本に初めてきた観光客の方に日本の豊かさや文化、歴史をガイドして周りたいと考えています。
私も日本の外からやってきた身としては、海外観光客の目線で日本という国を教える事が出来ると思っているんです。

観光ガイドになるために特に試験はありませんが、私が最終的に目指しているのは通訳案内士になる事です。
この資格は来日した海外の方に付き添って観光スポットや色んな日本の風景を案内をする業を認められる資格のことです。
別名「民間外交官」ともいわれ、外国人に日本の良いところや、良いイメージを持たれるようにする使命があります。
この資格を取るために今も勉強中です。
現在私は、日本語と英語を問題無く話す事が出来ますが、それ以外の言語も話す事が出来たらもっと多くの方に日本をして貰う事が出来ます。
ですから、中国語・韓国語・フランス語などの学習に毎日取り組んでいます。

2020年の東京オリンピックはオリンピック史上に残る、素晴らしいものにしてほしいですし、これを期に日本と訪れた外国人観光客にも是非良い思いをして自国に帰って欲しいと私は考えています。
現在では既に東京オリンピックの観光ガイドのボランティアの育成が始まっています。
大学にボランティア募集の要項が来ていたのでもちろん応募しました。
言語を使ってコミュニケーションを取ることは何よりの国際交流だと私は考えています。
観光ガイドのボランティアに参加するのは生半可な気持ちではいけません。ですが、良い勉強・良い経験になることも確かです。
こういった国際ボランティアに参加する方がもっともっと増えることを祈っています。

Read Post →

タクシー業務をしながら観光ガイドの夢を叶えます!

, , Comment Closed

私は北海道でタクシードライバーをしています。
観光客の最も多い札幌市内で運転をしています。
最近では特に外国人観光客が多いため、外国人のお客様を乗せた時のコミュニケーションツールがwebには載っていますね。
外国語が話せないドライバーでも、きちんと対応ができるように作成されたツールです。
乗り降りする時や、利用することが多い単語、さらに会話集などQ&Aが載っていて英語だけでなく、韓国語や中国語までありました。
「こんなものもあるのか~」と関心していたのですが、実は私は英語が得意で日常会話程度であれば話せます。
TOEICでは自分が何点取れるか興味本位で受けたら760点となかなかの高得点が取れました。

一度は観光ガイドの夢を叶えるために、通訳案内士の資格も苦労して取りました。
しかし、家庭の事情で家を長期間空けることが難しい状況になったため断念し、今もタクシードライバーです。
確かに外国人観光客は北海道に訪れると、お店や観光地などどこがオススメですか?と聞いてくることが多いです。
文化や習慣・風習にもとても興味があるので、日本人である私たちのことも聞いてきます。
心から日本のことを深く知りたいという姿勢がとても嬉しく、日本人であることに誇りを持つ瞬間でもありますね。
そして運転しながら、観光ガイドをしているような気分になるんです。

観光地に直接足を運んで、お客様に付き添いながらガイドすることは出来ませんが、こうしてタクシーに乗りながら目的地まで運転することも私にとってはとてもやりがいのある仕事です。
もう少し、年齢を重ね働くことが難しくなったらボランティアで通訳ガイドをするのもありかなと思っています。
もちろん無報酬なのでそれなりに余裕ができた時じゃないとできませんが・・・。
そのための養成講座も開設しているのでとても興味があります。

普段なかなか気付かない文化や地域のよさを再発見したいなぁと思うし、せっかく英語力を身につけているので最大限に活用したいものです。
最近では道内に英語観光タクシー会社があるという噂を聞きました。
プライベートタクシーで宿泊先のホテルの受付や列車・飛行機の搭乗手続きの手助けもしたりするそうです。
それを聞いた時に今私がするべきはこれだ!と考えました。

家族にも相談し、個人で会社を設立しようと今までのタクシー勤務をしながら現在計画中です。
外国人向けの観光ガイドはなかなか競争率が高いようですが、人一倍おもてなし精神はあるので人生の後半を充実させるためにも今動かなくては!という意気込みでいます。
そしてもっともっと外国人が日本への興味を持ってもらうために、私も日本の風習を大切にしていかなければなぁと感じました。

Read Post →