専業主婦から大学生に!英語を学んで観光ガイドを目指しています

, , 専業主婦から大学生に!英語を学んで観光ガイドを目指しています はコメントを受け付けていません。

私は大学時代に国文学を専攻していました。
しかし、卒業と同時に結婚、そして妊娠をしたため職に就きませんでした。
子供が生まれてから育児や家事に追われ、自分の時間が持てないほどの忙しい日々が続きます。
しかし、子供も成長したので、自分のために何か勉強など始めてみたい、そう思いました。

そこで、私が始めたことは、再び大学で勉強することです。
家の近くにある大学では英語学科があるので、聴講生として現役大学生に混ざって出席することになりました。
授業ではネイティブで話す外国人教師との英会話や、日本人教師の英文法や作文などの授業が中心です。
学生時代から英語に興味はあったものの、専攻したのが国文学だったので触れる機会がありませんでした。

専業主婦としてずっと過ごしていたため、忘れている内容も多かったです。
しかし、授業に参加するたびに英語の知識が身に付き、英会話も楽しくなりました。
毎日復習や予習も欠かさず行い、日常生活で空き時間があれば語学の勉強に励んでいます。
在籍している学生さんたちも、おばさん相手に優しくサポートしてくれるのが嬉しかったです。

1年の聴講が終わりましたが、夫と相談して編入試験を受け、大学3年生として編入してしまうほど、勉強が大好きになりました。
そして、卒業して半年ほどアメリカで語学留学に行かせてもらうことになったのです。
短い間でしたがアメリカでの生活は充実し、帰国後にTOEICを受けると、留学前よりスコアが上がっていることに驚きです。
やはり現地の方との触れ合いは、自然と知識を増やすきっかけになっていたのだと感じています。
夫も仕事上で英語を話すことが多いのですが、私の方がすごいと褒めてくれて、とても嬉しく思っています。

そして、40歳を過ぎてから、夕方に中学、高校生の英語塾でアルバイト講師を始めることに。
さらに、現在は岡山県でも名高い観光地である後楽園にて観光ガイドのボランティア活動に参加しています。
外国人観光客はもちろん、国内の人にも岡山の魅力を知ってもらうため、観光情報の勉強も始めました。
何気なく始めた英語の勉強ですが、今は仕事に活かせているので始めて良かったと実感しています。

大学生を卒業した息子も、私の姿を見て海外での仕事に興味を持ち、現在はカナダへ1年留学しました。
幅広い視野での活動に息子が興味を持ってくれたことは、私も夫も嬉しいことだと思っています。
私はこれからも英語と観光の知識を深め、観光ガイドとして働けることを目標にもっと勉強を努力するつもりです。